広告

地球科学 学問・理系

恐竜はなぜ知的生命体に進化しなかったのか

2016/04/05

1: 岡村隆史「俺は九十九弥市派だ!」 2011/03/15(火) 00:07:04.23

恐竜はなぜ知的生命体に進化しなかったのか

あれだけ長く繁栄してたのに

 

恐竜

83: 同定不能さん 2011/06/12(日) 17:21:19.15

>>1
長く繁栄してることと知的化は関係ないんだろ。
魚類や昆虫はじめ無脊椎動物はそれこそ恐竜以前から今に至るまで長く繁栄してるけど、
知的生命体を生み出してないだろ?

哺乳類が知的生命体を生み出せたのも多分に偶然だよ。むしろ生み出さない方が自然だった。
その哺乳類においても知的生命体はサルのごく一部の系統からしか現れなかったしな。

 

5: 同定不能さん 2011/03/24(木) 02:56:19.88
人類も知的になったのはここ何百年の間。長く見積もっても何千年の間。
それまではゴリラやチンパンジーとそれほど大差ない生活をしていた。

 

8: 同定不能さん 2011/03/29(火) 20:44:54.21
人間がここまで繁栄しているのは二足歩行で両手が自由に
使えたため。手が使える事で脳が発達。
恐竜は手が自由に使えなかった。これが真実。

 

10: 同定不能さん 2011/03/30(水) 01:13:20.07
見てきたような事言いやがって

 

27: これ捨てロール斎藤 ◆JNd7awHHio 2011/04/12(火) 18:29:04.27
生物の特徴を決定付けるものは何かと言えば、全てはゲノム(DNAの情報)によって決まるのである。
さて、人間とチンパンジーのゲノムは1.23%しか違わない。
つまり、ゲノム上では我々人間は98.77%チンパンジーであり、チンパンジーは98.77%人間なのである。
ところが、知能レベルで見た場合、人間とチンパンジーはまるっきり別物の生き物である。
このことは何を意味するのか?
ゲノム=塩基配列ATGCの組み合わせは、哺乳類の平均塩基数で考えた場合、10の229乗通りである。
この天文学的数字は実質無限大を意味するもので、つまり生物の種とは実質無限大なのである。
実質無限大の生物種の中で、我々人間に最も生命情報が近いチンパンジーでさえ、我々とはまるっきり知的レベルが違う生き物だということは、
つまり、この宇宙には我々と同レベルの知能を持つ、地球外知的生命体=宇宙人は存在しないということである。

 

52: 同定不能さん 2011/05/14(土) 11:39:14.46

魚類→両生類→爬虫類→哺乳類、と進化してきたわけだろ。
哺乳類の中でも知的生命体はサルのほんの一部だけ。イルカもか?
その1コ手前の爬虫類が大型化しただけの恐竜が知的生命体になるなど
順序的に無理なんでない?

まだスーパーサイヤ人になれない幼い悟空がスーパーサイヤ人2になれるはずがない
みたいな。

 

68: 同定不能さん 2011/05/24(火) 01:18:11.15
>>52
突然変異だけでは、この進化なるもの
かなり難しいそうだ。

 

78: 同定不能さん 2011/06/05(日) 18:59:49.93
カラスは、鳥類の中でも異常に知能が高いそうだ。
じっさい頭蓋が大きい。

 

85: 同定不能さん 2011/06/13(月) 22:12:29.67
クマさんの知能がハンパないわけだが。
簡単なパズルは解く。両手がモノを掴める。
孤高な生き方止めたら、人類を圧倒できそうな悪寒。

 

87: 同定不能さん 2011/06/16(木) 01:00:07.03
クマは早くにデカくなりすぎた気がする。
雑食性、脳の大きさ、両手の自由度(パンダは笹がつまめるようになった)。
2000万年前の小型獣の段階ではサルに次いで可能性が豊富だったろうが、
ありていの「デカけりゃ怖いものなし」って方向性で進化してしまった。
それでも、クマ・白クマ・パンダ・ナマケグマ(白アリ食)と環境にあわせ適応した姿は、
初期設計の完成度の高さを証明していると言える。

 

88: 同定不能さん 2011/06/16(木) 19:56:57.83

クマの中でもヒグマの適応力の高さは目を見張るものがある。
あのサイズの食肉目動物でこれだけ広範囲に分布してるというのは他に無い。
パンダやホッキョクグマのように特殊化してないからいろんな可能性を秘めている。

今後クマ科の新種が生まれるとすればヒグマの中から生まれる可能性が高そうだ。

 

89: 同定不能さん 2011/06/17(金) 02:54:39.47
パンダはやる気なさすぎだな
ホッキョクグマは環境の変化に耐えられず途絶えるかもな

 

93: 同定不能さん 2011/06/19(日) 04:19:18.74
人は直立してるから脳を大きくできたとかきいたことあるけど
恐竜は歯やあごが大きいから脳まで大きくすると重すぎてバランスが悪いのかもしれない

 

125: 同定不能さん 2011/08/22(月) 18:45:12.29
ヒトが言葉と火を持ち、地球で幅を利かせ始めたのは
大脳サイズが現状に達してからだいぶ後。

 

127: 同定不能さん 2011/09/04(日) 11:56:24.86
そもそも大脳サイズはそれほど重要じゃない。
二足歩行のバランスを取るためにでかくなっただけ。
性能を上げるなら大きさそのままで高集積化したほうがいいしな。
実際に賢い動物の大半はさして頭が大きくない。

 

146: 同定不能さん 2011/09/29(木) 20:26:13.86

アリとハチとシロアリは分業社会を構築してるからね
ハチ社会は異端を排除する文明
ミツバチは確かどのメスも卵を産めるからパトロール隊が巡回して
女王以外の卵を潰したり産み付けたメスをリンチするんだっけ?
建築戦闘採集活動を兼ねる便衣兵

アリ文明は軍兵や乳母など専門職に分化している種が割と多め
シロアリ種はミツバチ同様便衣兵っぽいけど、農業まで発展させた種もあるね

アリで最も興味深い点はどの種も怠けるアリが一定割合存在して、監視するアリも居ること
基本的に一切労働せずに他種の蛹の収奪だけを行なって奴隷制で左うちわなんて種もあるw

 

163: 同定不能さん 2011/10/23(日) 11:27:10.47

知能が発達する必要がなかったんじゃないの。
草食恐竜は地球資源(針葉樹の葉など)を食べ尽くして、
食べる物なくなったら次の土地へ行って、また食べ尽くしてっていうのを
繰り返していただけだから。

人間は「弱かった」から自分を守ろうと、運良く知能の方が進化したんだよ。

 

166: 同定不能さん 2011/10/23(日) 14:38:26.40
あと、氷河期のあと、針葉樹に変わって広葉樹が繁栄して、
また何年もかかって成長する木じゃなくて、
成長サイクルの速い「草」が多く繁栄して、
哺乳類や昆虫のエサとなり、進化や多様化を進めたんだ。

 

206: 同定不能さん 2011/11/19(土) 12:34:52.11
俺はカラスに見つかったときいつも2回鳴かれる

 

207: 同定不能さん 2011/11/19(土) 18:28:38.28
カラスは頭いいし、オウムの発音再現能力を考えたら、言語使用してても不思議じゃないよな。
簡易文法までの言語は、知的生命にいたる重要な条件とは言えないのかもしれないね。
脳容量の大きいチンパンジーより複雑な言語体系をもってる動物がいそうだから。

 

232: 同定不能さん 2011/12/12(月) 19:27:29.19

海の中には恐竜はいない。大型爬虫類ならいたようだがな。

白亜紀末期は隕石衝突の数十万年前あたりに既にインドのデカン高原の噴火などが続いており、
これで地球環境はダメージを負っており、海洋生態系もそれと無縁ではなかったようだ。

隕石衝突は恐らくそのダメージを致命的にしたと思われる。
大型海洋性爬虫類は海洋生態系の頂点にあり、彼等は今の鯨類やアシカ類のように
比較的大きな子供を少数で産むという生物だったようだ(卵胎生)。

つまり彼等は現生の海洋性哺乳類と同様の
大型の捕食性動物で、全体の個体数は多くない上、繁殖率が低かったと思われる。
当然、このような生物は生態系の崩壊の影響をもろに食らう。

巨大隕石の衝突による気候変動は海洋ではプランクトンの繁殖を妨げるなど、
ここでも生態系を撹乱し、崩壊させたと思われる。
陸上では植物の多くがダメになって生態系が崩壊したのと同様のことが起きたのだろう。

 

238: 同定不能さん 2011/12/18(日) 07:37:49.09

あとアンモナイトの巻き具合の乱れについては重力の変化や放射線の影響や種自体の劣化などが言われている
重力の変化については、むしろ寒冷化による海抜変化での急激な圧力変化に一時的に適応した結果かもね
個人的にはアンモナイトは一定の水圧があって巻き具合が正常になると思っている

放射線の影響ならイリジウムだったっけ?6500万年前の時代にその層があるけどどうかな?
種が進化して環境変化で劣化した説もどーだろうねって所

 

239: 2011/12/24(土) 14:45:01.59
恐竜は隕石の冬で滅びたんじゃなくて、揺り戻しの温暖化で滅びたとか聞いたけどな。
日経サイエンスで見たんだっけ?

 

246: 同定不能さん 2012/01/01(日) 19:54:54.28
人間は、まず二足歩行して、その後脳が進化したというのが定説では?

 

265: 同定不能さん 2012/02/03(金) 08:34:26.96
人間って対して賢くない。別に人間が思っているほど突き抜けた存在じゃない。
ほとんど動物と変わらない。ってか動物。知的生命体じゃないんだと思う。

 

275: 同定不能さん 2012/02/09(木) 03:03:42.54

実は現在の人間を凌駕する高度な文明と科学技術を持つまでに進化したんだけど、隕石の衝突を前に他惑星へ移住。
その際、もし次の知的生命体が現れた時の事を考えて、自分たちの影響が及ばぬ様に一切の文明の痕跡を消去した。

で、たまに地球を懐かしんで観察しにくるのがUFO
地球への帰還を打診する為にエリア51内でアメリカ高官と折衝を重ねている

 

276: 同定不能さん 2012/02/09(木) 03:43:15.14
>>275
そんなに高度な文明なら衝突する前に安全な距離で隕石破壊すればええやん。

 

335: 同定不能さん 2012/07/10(火) 01:29:36.92
恐竜「つまり我々が知的では無かったと、そう言いたいのかね?」

 

356: 同定不能さん 2012/08/10(金) 14:42:36.99
ペルム紀に二足歩行してたボロサウルス科の存在を知った今では
知的生命体がPT境界で滅んだ可能性も否定できない

 

376: 同定不能さん 2012/08/19(日) 22:59:41.48
おれはどうしても、いまパソコンに向かって入力作業している自分の先祖が
サルだったとは思えない。
だいたい、土を掘ったら、人類誕生前にこんな生き物いました!って、
恐竜の骨が出てくること自体信じられないくらいだ。
単純にすごいロマンを感じるね。
自分が今住んでる地球に過去の生き物の痕跡がのこってることに。

 

400: 同定不能さん 2012/10/04(木) 18:22:53.79
隕石落ちて絶滅したから知的生命体に進化しなかった
もし絶滅せず生きてたら知能の高い恐竜は恐竜人類になっただろう
なんちて

 

426: 同定不能さん 2013/05/21(火) 09:02:37.84
進化はすべて偶然の産物なので、理由を求めても偶然と解答する以外にないだろう。

 

429: 同定不能さん 2013/06/23(日) 23:28:16.77
隕石の衝突で絶滅したのではなく,その後の気候変動で徐々に衰退していったってのが事実だろうな。
だから種や生息地によって絶滅時期に差がある。
しかし,ひとたび生態系が崩れ始めれば,適応能力の低い種は絶滅を免れられない。

 

430: 同定不能さん 2013/06/24(月) 01:35:13.79
恐竜ていうか竜盤類で生き残ってるのは鳥類だけだよね
海棲のやつらとか寒冷地に住んでたやつらとかは適応して生き残っても不思議は
無いのになんで綺麗さっぱり居なくなったのかほんとようわからんわ

 

446: 同定不能さん 2013/07/19(金) 11:02:35.96
生物多様性といわれるけど、かなりの程度多様化しても一斉に滅びちゃうことがあるということ。
それを恐竜のほぼ絶滅は証明している。
スポンサードリンク

-地球科学, 学問・理系
-, , , ,