広告

雑談系2

昔に経験した不思議な体験

2016/04/04

1: 日本昔名無し 2006/05/25(木) 18:41:52
おまいらが昔あった不思議な体験について語れ

どんなことでもいいから語れ

3: 日本昔名無し 2006/05/26(金) 02:59:33
今から十年近く前、自分が小学四年生だった頃。
昼休みに、いつもと同じように校庭で遊んでいた。
あるタイミングで友達とジャンプをしたら一瞬まわりの動きが止まった。
自分だけなのかと思って驚いたがどうやら周りの友人も同じ事を感じたらしい。

あれは何だったんだろう?自然の驚異だろうか?平凡な自分にもあんな不思議な体験があったんだな、と今改めて感じた。

4: 日本昔名無し 2006/05/26(金) 03:03:06
じいさんの葬式の時、お坊さんの隣に見慣れない男の子が座っていて
後で家族に「さっきお坊さんの横にいた子、誰?」って聞いたら
誰もそんな男の子なんて見てもいないし、そもそも坊さんの横には誰も座ってなんかいなかったと。

今でもあれが何だったのか不思議
座敷童の類か何かか、或いは単なる見間違いだったのか…
まあ別に何でもいいんだけど。

18: 日本昔名無し 2006/10/23(月) 16:24:31
きつね火は本当にある。小さい頃、田舎の山一面提灯の灯りみたいなのが、
点いたり消えたりしてた。おふくろも一緒に見てた。

27: 日本昔名無し 2007/01/13(土) 21:08:00
消防のとき、家に帰って、ドアを開けたら、玄関に血がぽたぽたと落ちていた。
びっくりして母親を呼んだら、もう血がなくなっていた。
なにかと見間違えたんじゃないのと、笑われた瞬間、電話がかかってきたのが、
田舎の祖父が、大動脈破裂で急死したという知らせだった。

29: 日本昔名無し 2007/01/14(日) 18:48:17
小さい時、誰もいない筈のトイレのドアノブが独りでに動いてたコトがよくあった

387: 日本昔名無し 2011/03/18(金) 17:37:40.42
>>29
ナカーマ

31: 日本昔名無し 2007/01/16(火) 13:04:58
小学校4年生の時に、買い物から帰って来てマンションの玄関ホール(?)にあるエレベーターに向かって歩いてて、
後15mくらいって時に男の人がエレベーターに乗る姿が見えて、一緒にいたお姉ちゃんと
「あー先越されちゃった~」みたいな会話をしてから、↑に上がるためのボタンを押すと、男の人を乗せて上に行ったはずの
エレベーターはそかにあり、男の人の姿はなかった…。
男の人が2階に行ったとしても多少の待ち時間があり、エレベーターも2階にあるはず。

摩訶不思議な体験でした

41: 日本昔名無し 2007/02/08(木) 15:51:11
子供の頃…確か、小学校の1~2年。
当時の実家は築20年の木造平屋で、部屋数も六畳二間と台所にトイレと風呂の狭い家。
寝る時も親父と兄貴、お袋と俺と赤ん坊だった妹に別れて二間に寝てた。
真夏の夜中に兄貴がトイレに起きた。時間は確か二時頃で寝ぼけた兄貴が何かに躓いて転び、その音で妹以外の全員が目を覚ました。
「何やってんの~(笑)」お袋と親父が笑い、兄貴も恥ずかしそうにトイレに向かったが…何故か、すぐに引き返してきた。
不思議に思うお袋が「どうしたの?」と聞くと、兄貴は「〇〇(俺の名前)が入ってたから入れなかった…。」
…そんは筈は無かった。
俺は兄貴が転んだ音で目を覚まし、お袋の横の布団にいたから。
お袋が「〇〇なら、ずっとここに居たよ。あんた、まだ寝ぼけてるの?」
兄貴は「いや、絶対に入ってた!ノックしたら〇〇が返事したもん!」と言い張る。
お袋が兄貴に付いてトイレに行ってみた…当然、誰も入ってなかった。
後年になって、あれは俺だけが見た夢だったんじゃないか?って思って聞いてみた。お袋も親父も兄貴も「確かにそういう事があった。」と記憶していた。
あの時、トイレに入ってたのは誰だったんだろう?
未だに分からない。

60: 日本昔名無し 2007/02/22(木) 14:48:25
最近小人見た

七人の小人みたいなメルヘンな感じじゃなくて見た目普通の人間。小指サイズの。

瞬きしたら消えた

72: 日本昔名無し 2007/04/11(水) 14:26:31
僕んちの仏間にはコタツがおいてある。年がら年中ってワケじゃないけど、結構な季節になるまで。
で、春になると日差しが差し込んでかなりいい感じになる。
当然心地よくて、仏壇の座布団に頭のっけてよく寝てた。
その日も懲りずにコタツで寝てた。すると変な夢を見た。
視界がぼやけている…。見覚えのある部屋――仏間だ――、見覚えのある背中――それはなんと僕だった。
僕がこちらに背中を向けてぐっすり眠っている。驚くべきことに僕はそれを斜め後ろから眺めている…!
一瞬混乱したが、すぐに『ああ、これは夢だな』と思った。
夢なんだから好きな事をやろうと思って、自分の寝顔を覗いてやろうと思った。
体を動かそうとする…と、いきなり圧力がかかって動けなくなった。
え?なんで?と思った瞬間に体がビクッとふるえて目が覚めた。

お母さんに話したら怖がられた。でもたぶん夢でしょう。
仮に夢じゃなかったとして、幽体に金縛りなんて有り得るのでしょうか?
経験者の人、誰か教えて~。

78: 日本昔名無し 2007/04/16(月) 00:27:14
おれも寝てる時に体から抜け出した感じ?で天井を突き抜けて近くの学校の体育館や公園にものすごいスピードで飛んでいった。すごく心地好かった。何かの拍子に体に戻った?途端に目が覚めた。夢にしてはリアル過ぎてしばらくあっけにとられ

139: 日本昔名無し 2007/06/30(土) 18:37:42
夜中の住宅街を車で走っていたら小川の上を若い男が歩いていた
そんなバカな!と思い車を止めてみたが姿が見えない
これは川に落ちたんだなと思いフェンスを乗り越えて助けに行ったが
小川は何事も無かった様に静かだった(もちろん誰もいない)

一番不思議に思ったのが全然幽霊らしさが無かったという所
着ていた安っぽい(しまむらで買ったような)ポロシャツの柄や
素材感が妙にリアルに覚えている まったく普通の人に見えた

205: 日本昔名無し 2007/08/23(木) 01:09:21
小学生のころ、マンションの廊下を走ると、通り過ぎた部屋の給湯器が一斉に作動して
面白かった記憶がある。
通り過ぎると給湯器は止まって、また近づくと動き始めてた。
今考えるとめちゃくちゃ奇妙だ。

214: 日本昔名無し 2007/09/15(土) 00:24:08
学校まで30分はかかる道のりだったのにある日10分くらいで校門にいた… 家出る時見た時刻は今でも覚えている。見事に記憶がないんだこれが…。

237: 日本昔名無し 2008/03/15(土) 08:31:35
子供の頃、親父は青いパジャマ、母親は赤いパジャマを着ていた
朝起きたら、なぜかパジャマのズボンが入れ替わっていて
親父は上は青、下は赤、母親は上が赤、下が青だった。

239: 日本昔名無し 2008/03/20(木) 13:54:32
>>237
大人の事情

264: 日本昔名無し 2008/05/06(火) 16:47:57
幼稚園のときの話。君が代を歌うたびに野戦病院の光景が目に浮かんだ。時々夢にも出てきた。あれは前世の記憶だったのだろうか

344: 日本昔名無し 2009/11/28(土) 23:58:29
40年以上前の話しですが
自分が小さい時に不思議な物を見て
いまだにあれはなんだったのかな?と思います。
今はすっかり藪がなくなってしまったんですが
道路から入って自分の自宅にたどり着くまで
30m位の距離があり、道幅は4m位だったと思うんですが
歩いていた自分の3m先位に細長いホースみたいな物体が
横切ったんです(色は白で若干クネリながら自力で動いてました)
蛇だったのかな?とも思いますが長さからいって
道幅を完全に塞いだ時間が多少あったので少なくても4m?
色が白?長さの割に細い?若干くねっていたようだが
ほとんどストレートに動いていた気がした。
仮に人がホースを引っ張って歩いていたとしても
両側は完全な竹藪なので人がすんなり進入していけないし
ホースを持って横断する必要もない?
4~5歳時位の想いでだけどいまだに脳裏に焼き付いていて
不思議でなりません。

349: 日本昔名無し 2009/12/30(水) 13:38:01
未だにコレを思い出すと悩むんだけど
(因みにクスリ等の経験はありません)
行きつけの本屋に漫画を買いに行ったんだけど(確かに行った)
その時は暇だったので少し立ち読みをしていた
そして、欲しかった本を買い玄関を出ようとした(ここまでの記憶はある)
そして気が付いたら家でうどんを食っていた
本屋の玄関を出てから家でうどんを食っていたまでの記憶が無い

350: 日本昔名無し 2010/01/12(火) 00:20:41
密室から彼女がいなくなって、
また出てきた。
「ずーと、ここにいたよ」

353: 日本昔名無し 2010/02/13(土) 11:36:08
厨房の時、夜中受験勉強していたら
背中をトントンと叩かれた

その時、そのトントンがすごい噂になっていて、
トントンとされて振り返ったら死ぬ と言う噂でした

本当に叩かれてしまって お母さんお母さんお母さんと叫びながら 後ろ向き歩きのまま 階段も下りて 母のいる寝室へたどり着いた
母は 何にも居ないよ と言って 背中をパンパンと叩いて 肩をささっと払った
そしたら すーっと気分が晴れやかにと言うのか、 何かが離れて 怖くなくなった
その時母は特に何にも考えずに テレビで前見た感じに やっただけだと言った
その後母についてきてもらい、自分の部屋をみたら 何も変わってなかった
でも シャーペンが なくなっていた

468: 日本昔名無し 2012/01/07(土) 18:28:52.28
小学生の頃、一人で留守番していたら、
窓が突然ガタガタと鳴って、血まみれの女の顔がぬっと出てきた。
あまりの恐怖に声も出ず、その女の顔を凝視していたが、
しばらくしたら、すっと引っ込んでしまった。
現実なのか幽霊か何かいまだに分からない。
帰ってきた母親に話をしたが、気味悪がったものの、
ウソをついてると思われてたようだ。
でも絶対に見た。

519: 日本昔名無し 2012/10/04(木) 20:28:12.73
小学生の頃、稀にあった出来事。

2年生の時、親が家を建てて初めて自分の部屋をもらった。
1年後くらい、寝ている時に足首を捕まれる事があって、兄弟の悪戯かと思って
目を覚ましても誰もいない。
寝ぼけていたのかと思ってそのまま寝て翌朝兄や姉に聞いてもやってないと言われる。
そんなのが年に2回くらい毎年あって、5年生の時についに正体(?)を見る。
その日も、足首を捕まれる感覚があり目を覚ます。いつもなら目を覚ました時点で
掴まれていた感覚がなくなるのにその時だけ、なんと引っ張られたのだ。
なんだ!?と思って足の方を見ると、足側の壁が真っ黒で何もなく、そこから腕が伸びていて
俺の足首を掴んでいた。
ふざけんな!って叫んで腕に向かって枕元に置いていたキン肉マンの単行本を投げつけたら
その真っ黒な場所にキン肉マンの単行本が消えていって、手もそこに戻っていった。
手が消えた瞬間、壁が元通りに。
さすがに、怖くなって姉の部屋にいってその日は寝た。

翌朝、親に起こった顛末を全て話したらそのまま母親の実家近くに住んでいる祈祷師さんの
所に連れていかれなにやらお祓いして貰ったらそれ以来足首が掴まれる事はなくなった。

520: 日本昔名無し 2012/10/08(月) 03:49:02.01
>>519
投げたキン肉マンの単行本はどうなったんだ?

スポンサードリンク

-, 雑談系2
-,