広告

60代以上 生活

60代:死後の世界ってあるのか?

2017/03/23

死後の世界

1: 達磨 2013/03/13(水) 11:34:14.23 ID:yz5No4IU
私は無いと思う。人間、死んだらすべて無である。
色即是空、空即是色、色不異空、空不異色
宗教、お墓、葬式ってなんだろう・・・

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/15(金) 15:52:17.69 ID:dH3UzV1A

>>1
死後の世界や生まれ変わりの話なんて興味のある人は少ないから、ジェイムズ・レイニンガー君の話を知っている人も少ないです
前世の記憶を持った少年が実在する事を知る人は少ないから、生まれ変わりが現実にある事を知っている人も少ないです

知っている人が少ないのを良い事に、生まれ変わりや死後の世界を否定する人達が、あちこちで暴れ回っている結果
一部のカルト教団が害を撒き散らし、この種の話が胡散臭がられている現状もあり、死後の世界や生まれ変わりを信じない人が増えているわけです

>>10を書いた人などは、共産主義系の無神論者のようなので、承知の上で>>10のような事を書かれているのでしょうけど

モーゼの十戒ってありますよね

1.主が唯一の神であること
2.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
3.神の名を徒らに取り上げてはならないこと
4.安息日を守ること
5.父母を敬うこと
6.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す無かれ)
7.姦淫をしてはいけないこと
8.盗んではいけないこと
9.偽証してはいけないこと(嘘を言ってはならない)
10.隣人の家をむさぼってはいけないこと

仏教にも十戒があります

1)不殺生戒『殺すなかれ。』
2)不偸盗戒『盗むなかれ。』
3)不邪淫戒『みだらなことをするなかれ』
4)不妄語戒『嘘いつわりを言うなかれ。』
5)不古酒戒『酒を飲むなかれ。』
6)不説過戒『他人の過失を責めるなかれ。』
7)不自讃毀佗戒『自分を誉めて、他人をけなすなかれ。』
8)不慳法財戒『他人に施すことを惜しむなかれ。』
9)不瞋恚戒『私憤を発するなかれ。』
10)不謗三宝戒『正しい教えを誹謗するなかれ。』

 

2: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/13(水) 14:45:03.21 ID:UEQKNnA0
死後の世界はわかりません。けど過剰医療を拒否して、自然死を選んだ老人の死に顔は仏様のようにおだやかですよ。

 

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/14(木) 11:11:15.76 ID:jTA/2/tu
まあ、難しいテーマだね。
そんなのだれにも答えられないよ。

 

4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/14(木) 11:14:18.98 ID:jTA/2/tu
死は我々毎日経験しているよ。
それは寝ることだね、あれはまさに死だよ。
翌朝、起きて初めて生を実感するのだ。
何も恐れることも、怖がることもないよ。

 

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/14(木) 11:53:47.31 ID:2VM75ONb

.
サークルの大先輩(70代)とメール。

「われわれのようなアラカン」という表現があり、
はてと思っていたら、文末に註があった。

※アラカン=アラウンド棺桶

 

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/15(金) 01:28:33.69 ID:puyPupY/
養護施設で親の死をみとった家族は、自然死の場合は安らかな死に顔をみて死への恐怖は薄らぐようです。一方チューブを身体中に刺されたり、抗がん剤で苦しみぬいた挙げ句の死に様を見せつけられた家族は死への恐怖感が増すようですね。

 

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/15(金) 01:41:18.79 ID:puyPupY/
無駄な医療を受けず、安んじて自然な死を迎えることが極楽世界に入ると言うことでしょうね。

 

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/15(金) 22:36:08.44 ID:t23dXM8V

死=無である。
死後の世界などあり得ない。
それをあると言って弱い人をたぶらかす宗教は詐欺集団である。
宗教施設はどれも余りにも豪華絢爛過ぎる。
それは弱いものから搾取したり、異教徒・異民族から略奪したからである。
宗教は人を救うと言っているが、それはウソである。
実際、昔から宗教の名で多くの人間を虐殺してきた。
我々は宗教の美辞麗句に騙されてはいけない。

実際、宗教と云う名のももとで、どれだけの人間が苦しんでいるか考えるべきである

 

17: 忍法帖【Lv=3,xxxP】(3+0:8) 2013/03/16(土) 02:15:06.77 ID:NhE5DKoQ

生まれ変わりに関しては、ヴァージニア大学の精神科医イアン・スティーヴンソンが
1961年から生まれ変わり事例の実地調査を開始して
1997年には信憑性が高い225例の調査報告を掲載した『生まれ変わりの刻印』という本を出版してる
世間的には知られてないだけで、生まれ変わりに関してはほぼ実在すると考えて良いところまで来てる

臨死体験に関しても、アメリカの心臓外科医でメモリー大の准教授だったマイクル・セイボムが
脳機能停止状態における臨死体験が存在している件を報告してる
臨死体験が脳機能停止状態でも発生する事が証明できれば、脳幻覚説を否定できるところまで来てる

ただ、生きた人間を脳機能停止状態に置く事は、外科手術等で用いられる脳低温療法を用いれば可能でも
臨死体験を研究する為に脳機能停止状態を作り出す事は、人体実験に当たるので出来ないので
それで証明がなされていないだけの話

少なくとも死後の世界や生まれ変わりに関しては、ほぼあると言って良いところまで来てる
世間的には知られてないってだけ

 

20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/17(日) 00:50:21.45 ID:7iZm+8+o
無駄な医療(延命)を拒否して、穏やかな自然死を迎えた老人だけが極楽往生できるんだよな。

 

21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/19(火) 12:12:01.41 ID:MRMWSN8a
60を過ぎると何故か自分の死に方を考えるようになるよね。
私は団地に住んでいるが、昔はニュータウン、今はオールドタウンと揶揄されている。
毎年孤独死が話題になるが、何ら有効な対策がなされていない。
現在のように核家族化が進み、地域のコミュニケーションンが希薄な中では、
最終的にはひとり寂しく逝く人が多くなると思う。
何か虚しい気がするのは私だけだろうか。

 

24: 匿名 2013/03/20(水) 09:59:06.25 ID:2r1lzfW8
安らかな死ということを考えるとやはり宗教は必要だと思います。
ほとんどの人間は弱いものです。
精神的な支え、安堵感、そういったものが必要ではないのでしょうか。

 

26: 右や左の名無し様 2013/03/21(木) 09:42:06.40 ID:SYN1Y3Sr
死後の世界観も人間が考え出した観念だ、あるのかないのか誰もわからない
勇気のある人があの世に行ってみて調べてくれないかなあ。
できたらエンマさまのURL聞いてきてくれませんか。

 

27: 諸行無常 2013/03/21(木) 22:49:50.21 ID:iL7bIAJH
人間の寿命なんて本当に短いね。
長生きしてもたかだか100年。
そんなの生きているといえるのですかね。
宇宙レベルで考えるとほんの一瞬だ。
自分の一生なんて本当はかないものです。

 

28: ひとりごと 2013/03/21(木) 23:02:42.86 ID:iL7bIAJH
そのような短い人生の中でも、幸せな一生を送る人と不幸な一生をおくる人がいる。
考えてみれば不思議なことですね。
人間ってよくよく考えてみれば全て運で決まるような気がする。
運それは神の領域か、そのために宗教があるのかもしれない。
しかし、神を信じる人がすべて幸せになるかといえばそうではない。
それをごまかすためにあの世があるのだろうか。
まあ、どうでもよいひとりごと。

 

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/29(金) 20:52:01.17 ID:Q3qbQVMJ
自然死できる人は幸せかもしれないね。
これも運だろうね。

 

43: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/30(土) 18:16:03.58 ID:q/RZClvJ
やはりこれは水木しげる先生かつのだじろう先生に意見を聞きたい

 

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/03/30(土) 19:59:48.11 ID:9J5NZToM
なにしろ一度完全に死んだ人が帰って来た例がないからね。

 

68: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/14(日) 22:38:43.80 ID:gs5BLeTJ
人間、所詮、こころの拠り所というか精神的な安らぎが欲しいんだ。
何かに頼る、何かに守られている、という感覚が必要なのだ。
それが宗教であろうが、家族であろうが、自分の信念であろうが、何でもよい。
しかし、大半の人間は、常の煩悩にさいなまれ、苦しみ、もがき、あの世に行くのだ。寂しいね。

 

262: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/22(土) 19:26:22.06 ID:gN5pv0uo
やはり霊の世界はあると思うのが自然か?

 

263: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/06/23(日) 10:46:02.96 ID:6m+ZvPtV
死んでからの楽しみに取っておけ。

 

引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/cafe60/1363142054/

スポンサードリンク

-60代以上, 生活
-,